HP


HP    Profile    Information    Gallery

2017/04/21

「清水の日」慶賛 "いのちの水に感謝"「時の流れ展」を終えて 4/1~3

毎年恒例になっている展覧会ですが、今年は「盆栽と流水紋」の競演でした。
盆栽と競演したいと思ったのは3年ほど前になるが、なかなかご縁がなくその内にと・・・待つことに決めていたのだが、突然最良なご縁が訪れた。
しかも盆栽界の若手ナンバーワンの「鈴木伸二」さんである。
5年連続で内閣総理大臣賞を獲得した実力者である。
彼の盆栽園(小布施)を訪ねた日も忙しい時間の合間をぬって、細やかな心配りのおもてなしを戴いた。特に目を引いたのは若い弟子たちの行儀作法である。挨拶からお茶の接待、何気ない所作の一つ一つが板についている。これらは急にできるものでは無い。日頃からの教育でできあがった躾の結果である。それは鈴木さんの教育である。そこにまず惚れた。
これはただお願いするしかない。盆栽の何一つもわからない私がとやかく言うことはない。彼にすべてを任せる展覧会にしようとその場で覚悟した。

その通りの状態が起きた。展覧会の設営の3月31日の前日私が肺炎になりドクターストップで京都に行けなくなるアクシデントに見舞われた。一瞬今回の展覧会は中止かと思ったほど混乱した時、鈴木さんとあのスタッフにまかせればいいと思ったとたん、グーと気が楽になって、眠り込んでしまった。

4月2日会場に行ってみると、完璧なまでの盆栽の配置と会場全体の品格を高める調和は私の予想を超えたものだった。会場に来ていただいた方々のご意見は、どなたも「素晴らしい」「感動」と称賛の言葉でいっぱいでした。盆栽の持つ数百年のいのちのつながりから表れる重厚な生命力とそれを引き出す盆栽家の細やかな愛情の調和が美しい時の流れを表現していました。盆栽を植物として観るか、人と同じ「いのち」あるものとして観るかによってまったく存在の姿が違ってきます。「いのち」の尊さを感じていただけたらと思い、今回の展覧会を企画したのだが大成功でした。

いのちの尊ささえも、現代社会の忙しさにややもすれば忘れがちになる日々、人が人らしく生きることの本質として「いのち」に向き会った生き方を心がけたいものです。
会場にお越しいただいた皆様に心よりお礼を申しあげます。










(c) 野崎 悠

今回の展覧会その他写真はこちらのページにございます。
http://www.be-stream.net/japan/biography/b2017.html#2017kyodo

2017/03/06

タオの会・春の清水寺

タオの会・春の清水寺
今回の展覧会は900年続いている日本文化の真髄「盆栽」を通して「いのちと時」を実感していただくために企画いたしました。
現代の盆栽界で屈指の鈴木伸二さんの好意によるものです。
盆栽の素晴らしさと流水紋との競演を楽しみ、同時に皆さんのいのちに向き合う姿勢をより深く、確実なものにしてくれます。

「盆栽」に想う
人は人の役割を生きている。先祖から受け継いだ「いのち」を未来に役立つよう育て継承していく。
そのため「いま・ここ」の時を大切に生きる。盆栽は数百年の時を、
人と樹木のいのちが共生する。お互い聞こえない声を聞き、見えないところに気を配る。信じあう慈愛のこころが「時のながれ」を形にする。
それ故に「いま・ここ」をおろそかにできない。

「水石」に映す
水石の歴史は室町中期にはじまる。一塊の石から大宇宙を感得する。
禅や茶の湯と結びつき、精神的な深みを持つことになる。
水石の鑑賞は、大自然に心を遊ばせ、森羅万象、自然の風趣風韻を感じとり、幽玄な侘び、寂びの世界へ自己を誘う。


■流水紋展覧会 41日~3日 10時~17時 京都・清水寺 経堂
今回は盆栽と水石とのコラボレーションです。
日本一の盆栽家との共演です。必見の価値あり。



2016/11/21

タオの会・いのちを繋ぐ法要」を終えて

タオの会の講義を3回終了すると、修学旅行を京都にご案内しています。行く場所は愛宕念仏寺と清水寺の2か所ですが、
どちらも西村公朝先生が遺された作品の見学です。
その中でも清水寺にある仏足石では皆さんが特別な感情を表現されます。

その場の公朝先生の制作意図は人間の生き方の中の一つにいのちを繋ぐ役割がある。幾代の先祖から戴いたいのちを未来の子孫のために想いを託して繋いでいく。即ち、自分のいのちと向き合い大切に育てていくことを実践する場所としてここを創った。と私に直接伝授されました。

自分だけの生きた仏様を思い描いて、そのお方と久しく穏やかにお話しすることから、お蔭様でと有難うの気持ちが確かなものになる。それがいのちと向き合うことだと教わりました。
公朝先生のその想いを伝えたいとタオの会を始めたのですが、
今回多くの方々と想いを一つにすることが出来ました。

老若男女の差はありません。
人として生まれてきた者の特権であり、義務なのです。
また来年も再来年も一同に会し、

お互いに実感したいものです。豊かな人生を生きるために!



2016/06/29

名古屋での「時の流れ展』を終えて

一週間の会期中、毎日多くの方々がご来場くださいました。

皆さん流水紋を初めてご覧になられたのにもかかわらず、その真価を正しくて評価してくださいました。「会場にフィトンチッドが溢れている」「滝に打たれているようだ」「流れている水の音が気持ちいい」こんな贅沢な空間もったい無いと3日・4日続けて来た方もいらっしゃいました。
嬉しいかぎりで、作品たちがまた、ひとまわり大きく成長したように思えます。
水の優しさと、強さと、凄さを改めて実感した展覧会でした。

ピタゴラスイーツのスタッフとお手伝いをしてくださいました皆さんありがとうございました。




展覧会の写真はこちらのページに掲載しております。クリックで移動します。






2016/04/08

いのちの水に感謝 -展覧会を終えて-

4月3日(しみずの日)の集まり
午後一時から清水寺の舞台本殿で「いのちの水に感謝」の法要が始まる。

声明の響きに誘われて悠久の時の流を感じながら今の時に生されている「いのち」に感謝する。
次第にこの「いのち」に責任を持つ覚悟がより鮮明になる。
「何ができるか?何を遺すか?」
清水の舞台で心が舞う。吹き抜ける風と一体になり空に溶け、導かれ治まる。
晴れやかに「いのち」が喜ぶ。生きる勇気が湧き出る。

その後、経堂に参集し流水紋に囲まれた「水神像」と対面する。
多くの参列者の「いのち」と「いのち」がつながり共鳴し、喜ぶ。
個が集団となり力が一つの立体となって躍動する。
ほら貝の舞う音に溶け、やがて静かな個の「いのち」に戻り、自己の時にかえる。

また次に集まるまで自己の時の中で、自分のいのちと遊ぼう。








(c) 野崎 悠